自律神経の働きが乱れてくると胃の働きのコントロールが乱れてきます。
この時、胃酸が過剰分泌される場合があるのですがそれが続いてくると胃酸が胃の粘膜を傷つけ急性の炎症を起こしてしまいます。
この時の症状は、胃のむかつき、げっぷ、胃痛などがありますがこれらの症状を抑えるために胃酸の分泌を抑えるのが効果的です。
胃薬は大きく分けて胃酸の分泌を抑えたり中和したりする攻撃因子抑制薬と胃の胃酸から胃を守る力を増強する防御因子増強薬に分けられます。
ネキシウムは胃酸の分泌を抑えたり中和したりする攻撃因子抑制薬の中でももっとも強力な部類の薬になり比較的短期間での効果が認められます。

ネキシウムの効果は胃酸分泌の最終過程であるプロトンポンプに作用し、胃酸分泌を抑制するのと胃酸分泌を抑制し胃内のpHを上昇させることにより、抗菌薬の抗菌作用を高めます。
その結果胃腸の炎症が緩和されていくという事になります。

ネキシウムの主な副作用としては以下の症状が報告されています。

  • 下痢
  • 肝機能異常
  • びらん性胃炎
  • 腹部膨満
  • 貧血
  • 腹痛
  • 光線過敏性反応
  • 発疹
  • 軟便
  • 味覚異常など

万が一このような症状が出た場合は医師に相談する事が必要です。
ネキシウムの購入方法はプロトンポンプ阻害薬(PPI)の為一般のドラッグストアなどでは販売されていません。
一般的には医師の処方箋が必用になってきますが、大手の個人輸入代行業者のネット通販を利用すれば購入可能です。
医師の処方箋が無い薬を個人が購入して良いかという部分が気になると思いますが、法律的には自己責任おいて購入、使用するのは問題ありません。

ただ薬の通販サイトの中には悪質なサイトも存在します。
偽物を送りつけたり、代金を振り込んでも品物を送ってこないというサイトもあるので注意が必用です。
急な胃の痛みなどの症状や慢性的な胃腸炎の症状には様々な薬や緩和法がありますがその中でも、ネキシウムは短期間で効果を発揮する薬になります。

ネキシウムを通販サイトで購入

このように、ネキシウムは胃痛に対して効果のあるお薬です。
これは、ネット通販で購入することが可能です。
ネット通販といっても、前述のとおりネキシウムは処方薬であるため、一般のドラッグストアでは販売しておらず、普通のお薬の通販サイトでも購入することはできません。

主な購入ルートはネット通販といっても、個人輸入代行業者の利用となります。
販売目的での輸入は許可なしに行うことはできませんが、個人利用目的での少量の購入の場合は、個人輸入が認められています。
個人輸入代行業者は、これを依頼者の代わりに行うことを目的としています。
少し面倒な手続きが必要と考えてしまいますが、これらの業者はホームページから簡単に注文をすることができます。
見た感じのイメージは、普通のネット通販サイトと同じような体裁です。
欲しい商品をカートに入れて注文し、決済をするという手続きを行うだけなので、とても便利です。

会員登録をすれば、次回以降注文をする場合には入力する必要のある情報が少なくて済むのも使いやすいです。
このように、個人輸入をすることは法律的に問題はありませんが、副作用が起きた場合には自己責任となります。
そのため、なるべくならリスクは回避しておきたいところです。

また、副作用以外にも品質にも目を向けた方が安全です。
中には正規ルートではないところから入手しているところもあるかもしれませんし、そういったお薬は管理が悪いので品質が悪いです。
きちんとした個人輸入代行業者は、正規ルートで輸入してくれます。
直接の取引で途中で変なルートをたどっていないため、故人の手元に届くお薬についても品質がいいものが届きます。
したがって、選ぶ際にはこういったことに配慮している業者を選びましょう。